ホームコラム一覧

マタニティウェアを選ぶにあたり
今は赤ちゃん用品取扱店舗でも一部でマタニティウェアを扱っており、産前準備でお店に行くと色々と見ることができると思いますが、種類で言えばネットショップ程マタニティウェアは置いてないのではないでしょうか。私は産前、下着3セット、授乳できるパジャマ3セット、マタニティ用のロングスカートやワンピース、パンツなどで着まわしていました。ネットやマタニティ雑誌の通販ページなどでは、かわいいマタニティウェアが載っていて色々とほしくなりますが、よく考えて選ぶことをお勧めします。また、パジャマと書きましたが、これも出産予定の産院にもよって必要かどうかわかれると思います。私の選んだ産院は、産後の洋服は全て自分で用意しなければならなかったのでいくつか用意することになりました。親戚の紹介でその産院にしましたが、結果的にとても良い病院でした。

選んだ産院は母子同室だったので、産後一時間半ほどで赤ちゃんと2人きりになりました。助産師さんが教えてくださるので安心ですが、私も赤ちゃんも初心者同士ですので、母乳の与え方やおむつの変え方、抱っこの仕方まで手探りでやっていました。なかなか寝ない子だったので、夜通し抱っこしていたこともあります。助産師さんが添い乳を教えてくれたのですが、今でこそ慣れたものの、当時は怖くてそんなことはできず、入院中は悲惨でした。ただ、今思えば母子同室で良かったと思います。入院中に沐浴なども含め赤ちゃんとの接し方を教わることができたので、いくらか自信を持って退院できました。他のお母さんからのお話によれば、母乳推奨と謳っていても母子同室であるわけではないらしく、産んでから同室でないことを知ったという方もいました。産む前というのは、なかなか産後のことまで気が回らないと思うので、事前に聞いておくことも大事かなと思いました。

入院中に出された食事は量が多かったのですが、母乳だったためおなかがいつもすいていたのでちょうどよく思えたほどでした。妊娠中によく聞くカフェインは、母乳にも影響があるようで、控えるよう言われました。私はお茶が大好きで、なかなかノンカフェインのお茶に慣れず、一日に何回かはカフェインを気にせずお茶を飲んでいました。マタニティ雑誌を見ると、あれはダメ、これはダメと色々書いてありますが、あまり気にしすぎると疲れてしまうので、注意しようぐらいの気持ちで臨んだほうがいいと思います。また、つわりの時期には食べられるものも偏ってくると思うので、赤ちゃんのことももちろん大事ですが、まずは自分の体のことを考えて食べ物を選ぶのがよいと思います。

授乳用の下着は大活躍しています。ブラジャーしか持っていなかったので、授乳用のキャミソールを見つけ購入しました。授乳時は下着を下に引っ張るので、ブラジャーに柔らかくてもカップがついているとかなり使いにくいです。キャミソールは外出時だけカップを入れられるようになっているものだったので、家の中ではカップは使わず使用でき、すごく快適です。うちの赤ちゃんは一度に吸う母乳の量が少なかったため、かなり頻繁に母乳を与えていました。外出時も頻繁に授乳室を使用するため、下着だけでも授乳用にすることでかなり楽になったと思います。秋生まれだったので私の着る服も厚かったため、授乳服は役立ちましたが、暖かい時期の子育ての時は、インナー以外授乳用でなくても大丈夫なのではないかと思っています。また、キャミソールタイプだと、夜の添い乳の時などにお腹を出す必要がなく便利です。冬の授乳時は、授乳用ブラやキャミソールの上から、ヒートテックのような素材の授乳インナーが売っていたのでそれを着ていると、楽だと思います。

私はおしゃれも大切ですが、いかにストレスなくマタニティライフが送れるか、子育てができるかで服を選んでよかったと思っています。授乳の期間は個人差はあると思いますが、そんなに長くはありません。産院や自分の状態に合わせて、必要なマタニティ用品を購入してはどうでしょうか。


コラム一覧へ戻る