ホームコラム一覧

マタニティ期間の洋服選び

妊娠5ヶ月くらいになるとお腹が目立ち始め、今まで来ていた服が入らなくなってくる妊婦さんもいます。私も目立つのが早く、5ヶ月の頃にはマタニティウエアを着ていました。
妊娠中用意しないといけないのは日に日に大きくなっていくお腹に臨月まで対応できるマタニティ用のパンツやスカートです。臨月にはさすがに痩せている人でも普段の服は履けなくなってくると思うので、どうせ用意するのなら早めに買っておいて損はないと思います。
最近のマタニティウエアはお洒落なものも多いので、いかにも妊婦といった服装にはならずファッションを楽しむことができます。
トップスはラインがきれいに見えるマタニティウェアを厳選しました。
マタニティの期間は肌が敏感になったりすることもあるかもしれません。私の場合は体中が痒くて大変でした。
妊娠中の女の人を見るとこちらも幸せな気分になります。でも実際妊婦になってみるとつわりだったり不眠だったり辛いことが多いのも事実。体の負担にならない洋服を選ぶのがいいと思います。

産後すぐに着れるもの

産後の体型は想像以上にふっくらとし、とくに腰回りは妊娠前のパンツが全く入らないほど体型が変わってしまっています。それでも退院するときに着るもの、お宮参りで着るもの、産後1ヶ月経ってからの外出で着るものをできたら出産前に揃えておいたほうがいいと思います。
ネットなどで調べると産後用のパンツなどもあります。
私は出産するまで自分のものを用意するのを忘れお腹はずっと大きいままで後悔しました。

授乳を考えた洋服選び

産後は特になにもなければ母乳で育てていくと思います。授乳服もとくになくても問題はありませんが、あれば子育てが楽になるすぐれものです。とくに2人目以降の出産になると赤ちゃんばかりに手をかけるわけにもいかず、上の子の用事で外に出て授乳する機会も増えるので授乳服か持っていたほうが便利です。
それでもいかにも授乳服というのは抵抗があります。家でくつろぐだけなら授乳しやすいことを第一に考えた服でいいのですが、外に出るとなると見た目も気になります。
私はキャミソールやロンTの授乳服を揃え、上から前開きのワンピースやチュニックなどを着て授乳服だと分からないようにしていました。少しゆとりのあるチュニックならすっぽりと赤ちゃんを包むことができるので授乳の目隠しにもなりとても便利です。これなら外出先で授乳するときに回りの目を気にすることなく授乳ができます。
マタニティウエアを買う時に授乳服にもなるものを考えるのが一番経済的で服の出番も多いので無駄にならずいいと思います。
授乳は長く続く場合もあるので、季節にあわせたものを数着持ってると助かります。とくに冬場は洋服を下からめくって授乳するより授乳服で授乳するほうが自分の体を冷やすこともないです。

産後すぐの赤ちゃんのお世話は授乳とオムツ替えがほとんどです。あとは抱っこしてあやすこと。
オムツ替えと抱っこはお母さん以外もできますが、授乳はお母さんしかできないことです。
私は子供に授乳することが大好きでした。生後2ヶ月くらいになるとお母さんの顔を見上げながらおっぱいを飲んだりするようになります。その顔がかわいくてかわいくて。もっと大きくなってくるとおっぱいをくわえたままお喋りしたり笑ったりと見ていて飽きません。そんな授乳の時間がストレスにならないよう授乳服が助けてくれています。
私には4人の子供がいますが、1人目の時は授乳服を買いませんでした。2人目で授乳服を初めて着たときに「なんて楽なんだろう!」と感動したほどです。
4人目のときには授乳服に見えない授乳服を探しては購入していました。本当に授乳服には見えないので授乳が終わってからも着れそうです。

産後のお母さんの体調

産後はちゃんと休んだ方がいいと言われますが、実際産後すぐというのは休むに休めず動いてしまいます。私の場合、体が不調を訴えるのは産後しばらくしてからでした。産後2ヶ月くらいしてから体中が痛くなったり頭皮が荒れたり頭痛がしたりといろいろです。半年も過ぎればだんだん体もらくになってくるのですが、それまでは本調子ではありませんでした。
育児はとにかく無理をしないこと!できないときは周りに甘えたほうが上手くいきます。ホルモンバランスが崩れてイライラしたりするかもしれません。赤ちゃんを預けれるときは預けて外に出たりストレス解消できる方法をさがすといいと思います。私も4回の産後のうち2回は子供達を連れて家をとびだしてます。旦那には申し訳ないですが怒りが収まらず1回家を出るとスッキリして何事もなかったように家に帰ったこともありました。
自分ではわかっているつもりでもなかなかコントロールするのは難しいことです。家族や友達の助けを借りてストレスをためない育児をしていきましょう。

子育ては大変です。子供が成長してからもいろんな新しい問題がでてきます。それでも過ぎてしまえば二度と戻らないかけがえのない時間です。
子育てが楽しいものになりますように。


コラム一覧へ戻る