ホームコラム一覧

妊娠中もおしゃれを楽しもう♪マタニティファッションのすすめ

つらい悪阻が終わり、お腹がふっくら膨らみはじめてくると、ママ自身も周囲も改めて妊娠を実感することができ、やさしい気持ちになれますよね。ここからがいよいよ、幸せなマタニティライフの始まりです。

ですが、お腹が膨れ始めると多くの女性が最初に困ることがあります…。それが“ファッション”。いくら妊婦とはいえ、女性にとっておしゃれはライフワークのひとつ。お腹の赤ちゃんや自身の健康を守ることはもちろん絶対条件ですが、できる限りファッションやおしゃれは楽しみたい!というのが素直な気持ちでしょう。

一昔前は、妊娠中の服装というと、“ザ・妊婦”というような、ゆったりしたワンピース(ロング丈が多い)が定番でした。というより、お腹を締め付けない服というと、それしか選択肢がなかったんですよね…。ですが、今はびっくりするほどおしゃれで可愛いマタニティ服が数多く出回っています!ワンピースはもちろん、スカート、パンツ、レギンスなどなど、ありとあらゆるファッションアイテムの“マタニティ版”が存在するんですよ。

「ワンピースでないとお腹の部分がしめつけられないか心配…」という方もご安心ください!多くのマタニティ用ボトムは、ウエスト部分が自分でサイズ調整できるゴム製になっており、妊娠初期〜後期まで、お腹の大きさに合わせて使えるようになっています。又上もかなり深く、また、立体的にデザインされているため、大きくなったお腹を無理なく包み込むことができるようになっています。

私自身も妊娠中はかなり初期から直前までマタニティ用のボトムを着用していましたが、苦しかったことはありません。商品によって、履き心地の良い・悪いはありましたが、既製品を正しく着用すれば、赤ちゃんに悪影響が…という心配はないはずですよ。

ちなみに私は会社勤めだったので、キレイめのパンツ(もちろんマタニティ用)を履いて、ふわっとしたチュニックやおしゃれシャツをあわせることが多かったです。お腹が目立たなかった時期は、周囲の人にこれがマタニティウェアだというとかなり驚かれました。実家の母にも、「今はおしゃれなマタニティウェアがあっていいわね〜」と散々言われたものです(笑)。

マタニティウェアは、百貨店などでも手に入りますが、ちょっとお高めなので、個人的にはネット通販がおすすめです。検索してみると、プチプラでかわいいマタニティウェアがたくさんヒットするはずですよ。ぜひ調べてみてくださいね。

とはいえ、マタニティウェアを着ることができる期間は、限られています。子どもが産まれればこれからどんどんお金が出ていきますし、そんなにたくさんのマタニティウェアを買うことはできませんよね。(2人目・3人目を考えている方も、妊娠する季節や流行によっては今回購入したマタニティウェアが着られない可能性もありますのでご注意を!)

せっかく購入したマタニティウェアを無駄なく使い倒すためにも、購入の際は「着回しがきくか」「出産後も着られるか」などに気をつけてみるといいかもしれません。

ちなみに、私がマタニティファッションを楽しむ際に気をつけていたのは下記です。よろしければ参考にしてみてください。
・シンプルで着回しのきくボトムを数本用意すべし。
・トップスは、出産後も着られるような服or丈が長めの手持ち服でまかなうべし。
・アクセントや流行は、小物やアクセサリーで取り入れるべし。

ただ、肝に銘じなくてはならないのは、「一番大事なのは、赤ちゃんの健康と安全」ということです。市販のマタニティウェアを正しく着用すれば、お腹の締め付けという点では問題ないでしょう。ですが、それ以外にもマタニティファッションでは気を付けるべきポイントがあります。

まずは、ピンヒールなど、転倒のリスクが高い靴を履かないこと。お腹は自分が思っているよりもかなり急スピードで大きく重くなります。身体の重心バランスがずれてきますので、履きなれている靴であっても、突然上手く歩けなくなる恐れがあります。今は可愛いぺたんこ靴が多いですから、ヒールはなるべく避けて、転びにくい靴を選ぶようにしましょう。

そして、“冷え”に気をつけること。お腹自体の冷えはもちろん、下半身の冷えにも気をつけましょう。下半身が冷えてしまうと、血のめぐりが悪くなり、結果的にお腹にも悪影響です。特に気を付けるべきは冬よりもむしろ夏。冬は普段から厚着するので問題ないでしょうが、夏は暑いからと言って普段と同じような薄着をしていると、冷房の効いた屋内で痛い目にあいます。脚はなるべく露出を控えるか、薄いひざかけを持ち歩くと良いかもしれませんね。

おしゃれを楽しんだり、好きな洋服を身につけたりすると、気分があがり、幸せな気持ちになれるものです。それはきっと「我慢」している状態よりもずっと、赤ちゃんにも良いはずです。健康と安全にだけは絶対に気をつけた上で、素敵なマタニティファッションを楽しめると良いですね。


コラム一覧へ戻る