ホームコラム一覧

マタニティウェアと授乳服を着るまでにあたって

女性が妊娠すると、様々な体の変化が起こりますが、着る服装が全く変わってしまうというのが女性にとって最大の関門といってもいいではないでしょうか。

小さな命は、粛々とその存在感を増していき母親の体型をゆっくり確実に変化させていきます。ピッタリしたTシャツ、フィットしたデニム、繊細なブラジャー、可憐なパンティが履けなくなります。パンティなんてギャグかという程大きなデカパンツを履く羽目になってしまうのです。しかし、下着は見知らぬ人に公開しながら歩くものではないので、少々家族の人に大きな目で見守ってもらう事で乗り切れます。

ですが、服となると人の目だけでなく、妊婦自身も大きな目で見守る事が難しいのです。ファッションは個性であり、その人となりを表す物。時には気分転換したり、テンションを上げたり、思い出でもあり、未来でもある人生の大事なパートナー。日陰の身で、巨大化した胸やお腹を健気にひっそり守る下着とは訳が違います。

しかし、マタニティウェアは期間限定の服です。妊娠初期の頃は普段着ている服の中で、ゆったりしたものや大きめな物、もしくは体型によっては全く変わらない服で過ごす事も可能ですし、妊娠前と全く同じ服装の人も多い時期だと思います。

中期頃になるとややお腹も出てきますし乳房もやや巨大化してきます。おしゃれさえ気にしなければ、大き目の服やメンズ用の服を着て乗り切れるでしょう。そう、ここまではマタニティの服を用意しなくとも(もちろん個人差はありますが)、案外と乗り切れてしまう人が多いのではないでしょうか。

しかし後期に入ってくると巨大にふくれあがってくるお腹、巨大化した乳房、腰周りの立派な妊婦になります。細身の妊婦さんでない限りは、観念してマタニティを着た方がずっと過ごしやすいでしょう。
私は一人目妊娠中が真冬だった為、マタニティ用ではない大き目のダウンコートを着てスーパーに行くと、主人が私の目を見ないで「鎧でも着ているの?」とつぶやきました。

慌てて鏡で確認してみると、私の体は巨大な四角のようなシルエットスタイル。マタニティ用のコートではなかったので、異常な体のラインになってしまったようです。

衝撃の姿だった私も、もはやこれまで。大き目の服やメンズの服じゃ誤魔化しきれないとマタニティショップでマタニティウェアを購入しました。

家で早速着用してみると…楽!楽なんです!!!

お腹周りは緩やかに伸び、背中や巨大化した胸周りもふんわりゆったり包み込んでくれます。何よりやはりマタニティウェア。お腹が一般の服より目立ちにくいのです。 一般の服を無理やり着ると、どうしても不自然にフィットしてしまい巨大な風船腹がこれでもかと デカイ顔で主張していたのです。

これはいいと気に入り、すぐに追加で数枚のマタニティウエアを買い足してしまいました。 最初からマタニティウェアを着ておけば良かったなぁとしみじみ思いながら有難く出産の日まで過ごしました。

さあ出産。育児のスタートです。

マタニティウエアがこれだけ便利だったので、少々の事は目をつぶって授乳服も購入した方がいいかもね、なんて思ってお店を覗いてみたのですが、正直あまり可愛いと思えるデザインのものがありませんでした。金額は意外にも高額ではなかったのですが、胸横に不自然にある横スライドできる授乳口。意味不明にシンプルでババシャツ風味のデザイン。このデザイン15年前ぐらいにもあったのでは?というようなレトロなカシュクール。お店では購入に踏み切れず、結局その時も授乳服は買わずにいました。

しかし出産時期が冬だった為、授乳の度にたるんだお腹をプルンと出しての授乳はどうにも寒いのです。前開きのシャツでも挑んでみたものの、やはり胸元やお腹をある程度出さないと赤ちゃんの顔にシャツがかかってしまう為、やっぱり寒く感じてしまいます。授乳服はどうしても必要!と思い今度はネットで探すと結構可愛いものが見つかり、さっそく授乳服を購入しました。
妊娠出産は女の人生のメインイベント。おしゃれな可愛い服で過ごせれば、女は大ハッピーである事は絶対に間違いありません。

可愛いマタニティウエアを着た妊婦さんに会えば、これから出産を考える人や若い世代も妊娠って特別じゃないんだなと思ってもらえると思いますし、産後は特にナーバスになったりストレスをためてしまいがち。可愛い授乳服、オシャレな授乳服が気軽に手に入れば気分転換になりますし、ちょっと友達に会ってみてもいいかもな、と前向きにもなれると思います。


コラム一覧へ戻る