ホームコラム一覧

マタニティウェアの選び方

妊娠すると、お腹が少しづつ大きく膨らみが増し、バストも授乳に備えて大きくなっていきます。妊娠4〜5か月頃になると、インナーがこれまでのものでは「少しキツイな」と感じるようになります。インナー選びはママの為だけではなく、赤ちゃんを守るためにもとても重要なことなので、単にゆったりして楽なものを選ぶのではなく、どんどん変化していく体に対応できるものも選びましょう。

妊娠中は肌が敏感になる人も多く、体温が高いので汗をかきやすくなります。トラブルを少しでも減らすためにも、綿100%など素材にも気を付けると良いです。マタニティーブラジャーはさまざまなタイプがありますが、妊娠中のバストは乳頭の位置が左右に広がり、ボリュームもアップします。それまでよりも2カップ以上は大きくなる人が多いようです。きついブラジャーで締め付けると、大事な乳腺の発達を妨げてしまうだけではなく、つわりの悪化にもつながることがあるため、できれば売り場で試着して自分に合うものを選ぶことをお勧めします。

母乳を飲ませる時に便利なように、片方ずつカップが開くデザインのものもあり、マタニティー期間だけではなく授乳兼用タイプを選ぶとコストも抑えることができます。ワイヤー入りのものは、バストをしっかりと支えるので、通勤や外出時に使います。通勤着や普段着は、バストが大きくなるので太ってみえることで悩む妊婦さんが多いので、ワイヤーでしっかり支えるだけでその悩みを少しは軽減することができます。バストは大きく重たくなるので、肩のストラップが広いほうが疲れにくいです。ハーフトップブラは、バストを優しく包むタンクトップ型で、伸縮性があり圧迫感が少なく、家にいる時や就寝時などに使います。授乳時にも困らないように、スナップがついていて前が開くタイプもあります。

マタニティーショーツは、妊娠中は汗ばみやすい為、肌触りのよい綿素材で、吸汗性・吸湿性・通気性に富んだ素材を選びます。色や柄も豊富ですが、おりものや出血などの体調の変化がわかりやすいものであることも選ぶ際のポイントとなります。お腹が大きくなる妊娠後期からは寝衣も変えていきましょう。入院時にも持っていけるように、丈が長めの前開きのものを選ぶと良いです。パンツつきが多くデザインも豊富ですが、入院時には傷の確認や子宮の収縮の確認など、お腹を見せたりパンツを脱いだりすることが多いため、面倒な人は膝下までのワンピースタイプを選ぶことをお勧めします。ワンピースタイプの場合は授乳の際、下からまくりあげないといけないので、授乳口があったほうが良いと思いますが、授乳口つきのタイプは、使い勝手が人それぞれなので、必ずしもなくても大丈夫です。

タイツやストッキングは、秋冬に妊娠後半を迎える人、また働いている妊婦さんには必需品となります。マタニティー用は、脚の部分はスッキリでも、お腹の部分を締め付けない工夫がしてあるため楽にお洒落を楽しむことができます。むくみがひどい人は、圧がかかるストッキングやタイツを選ぶのも良いと思います。

マタニティーウエア選びのポイントは、赤ちゃんのことを第一に考え、締め付けが少なく、体を冷やさないことです。マタニティーウエアでもやはり圧倒的に人気なのはワンピースです。理由は「トイレが近くなるのでパンツはめんどう、ウエストも締め付けないので楽」ということです。ですが、お腹が目立つのがイヤという妊婦さんには、Aラインのトップスやウエストがゴムになったストレッチ素材のパンツが支持されています。春夏ならコットンやサマーウール、秋冬ならウールと、季節に合った素材や、色柄、デザインも豊富で産後も着られるというメリットがあります。新しいマタニティーウエアを買わなくても、これまで着ていたもので着られるものを探してみると良いです。

前開きのベストやカーディガン、パーカーなどもあると意外に便利です。肌寒いときにサッと羽織れば、軽くてあたたかく前開きなので脱ぎ着が簡単です。しかも、お腹をカバーしてくれる効果もあります。産後の授乳のときにも活躍してくれます。夏の外出時には必ず羽織るものを持っていきましょう。マタニティーウエアではなく、普段服での流行もあり妊婦さんでもキャミソールやタンクトップを着ている人は少なくありません。ただ、ビルや電車、飲食店などの中は冷房が効いているので、うっかりこういったファッションで出かけると体を冷やしてしまうことになります。なので外出には必ず羽織れるものを持参し、ソックスなどもかばんに入れておくと安心です。

冬の外出にはあったか下着でおなかを保温しましょう。お腹が冷えると、子宮が収縮して赤ちゃんへの血行も少なくなってしまいます。外の寒さに抵抗するには、やはり重ね着で保温するのが一番です。ストッキングとタイツの重ねばきや、保温性に優れた厚手の肌着、毛糸のオーバーパンツなどを着用するのも良いです。腹巻もいろいろなデザインがあります。赤ちゃんを守りつつ、お洒落を楽しみたいですね。


コラム一覧へ戻る