ホームコラム一覧

元アパレル販売員が選ぶ妊娠中オススメのお洋服

妊娠してだんだんお腹が大きく目立ってきても出来るだけオシャレしたいと女性なら誰しも思うはず。妊娠8カ月目までお店のお洋服を着てショップ販売員として働いていましたが、その経験を活かして、妊娠中にオススメなお洋服をご紹介します。

妊婦さんからのご要望が多かったお洋服はやはり出産しても着られるかどうか。妊婦の時だけ着るお洋服ならもったいないという声が非常に多かったです。

妊婦さんと言えばお腹が大きなイメージですが、お腹が目立ち始めるのは妊娠5ヶ月頃からで、それまではほとんどお腹は目立ちません。しかし、その期間はつわり等、人それぞれの症状が出るため身体への負担が少なく胃を圧迫しない、ゆったりとした洋服を選ぶ方が良いかと思います。私は特別つわりはなかったので、妊娠前と変わらずお洋服を選んでいました。

妊娠5ヶ月以降、お腹が少し膨らんできて目立つようになると、通常のボタンのジーンズやファスナーのスカートでは苦しくなってきます。その頃に役に立つのは、マタニティウェアのパンツやスカートです。マタニティウェアのオシャレなショップも最近は数多くあります。ルクリアのように出産後でも着られるウェアを選ぶことで長い期間オシャレを楽しむことが出来ます。また、普通のトップスにTシャツやタートルネックニットなどぴったりした洋服を持ってくるとどうしてもお腹がポッコリ見えがちです。少しお腹が目立ってくるようになるとチュニックやひらひらのブラウス、Aラインのトップスなど、裾の閉まっていないゆったりしたトップスを持ってくるとほとんどお腹が目立ちません。ふんわりしたトップスが苦手な方でも産後はボトムスにインすれば、すっきり着こなせるので1枚あると非常に便利です。

流行のアイテムでオススメはマタニティ用レギンス。ウエスト楽にオシャレが出来る上、産後、赤ちゃんのよだれやミルクなどで汚れてしまってもすぐに洗え、動きやすいので妊娠中から非常に使いやすいアイテムです。またオールインワンやサロペット、セットアップコーディネートはお腹が隠れているので、ピアスやネックレスなどのアクセサリーやストールなど視線を上に持ってくるアイテムを使えば、ほとんど妊婦だと気づかれません。

そして、見落としがちなのは下着です。お腹が大きくなってくると普段履いている下着ではゴムがお腹の下にあたり履心地が悪くなってしまいます。妊娠後期だと通常の下着は履けなくなってしまうので、マタニティ用の下着は必須です。マタニティ用の下着はお腹の上部までゴムがくるゆったりしたパンツですが、履いてみると見た目があまり良くありません。誰に見せるでもありませんが、自分の中のテンションは上げる為にも可愛いマタニティの下着を選ぶのは大事です。

妊娠7、8ヶ月を過ぎるとお腹も大きくなってきます。その頃に役に立つのはワンピース。ウエスト絞りのないストンとしたワンピースを選びましょう。ウエスト絞りがあると絞りがお腹の上にあたり丈が短くなってしまいます。この時期どうしてもお腹が目立ってしまいがちですが、ジャケットやシャツを上から羽織るとお腹が目立ちにくくなります。カジュアルだったらマキシワンピースにユルッとしたTシャツやネルシャツを合わせたり、大人っぽいデザインのワンピースだと結婚式の二次会など、ショールを合わせてちょっとしたハレ着としても使えます。

この頃までには絶対必要になってくるマタニティウェアはウエストが長いゴムになっているパンツです。お腹が大きくなってくるとどうしてもボトムスは既存のものでは対応出来ないので、デニム風やカーゴパンツ風などマタニティパンツは必須アイテムです。

妊娠9、10ヶ月に入るとお腹も最大に大きくなり、伸びにくい素材のトップスではパツパツになってきます。お腹の中の赤ちゃんの動きも大きくなっていくので赤ちゃんの動きだけでも胃が圧迫され、タンクトップなどのインナーでも圧迫感を感じてしまいます。出来るだけ身体の接触が少ない、ゆったりとしたリラックスできるお洋服を選びましょう。

また、出産までには、マタニティ用でも既存のものでもいいので前あきのシャツ、シャツワンピースをご用意されるのをオススメします。入院の際に必要になる病院もありますし、出産後の入院中でも検査が受けやすく、授乳の際でもすぐに対応出来ます。 妊娠中はつわりや体調の変化で辛い期間でもありますが、少しでもオシャレをすることによって気持ちも前向きになり明るくなれます。妊娠中でもオシャレを楽しんで素敵なマタニティライフをお過ごしください。

コラム一覧へ戻る