ホームコラム一覧

妊婦から授乳時、それ以降も普段着として使えるマタニティで賢く着まわし

妊婦はどうしても普通の服ではおなかがきつくなってきます。ワンピースやチュニック、ゆったり目のトップスで乗り切ろうとしても、やはり妊娠後期までくると普通の洋服では乗り切れませんし、またゆとりの無い服は赤ちゃんにとっても負担をかけてしまう恐れがあります。

専用のマタニティウェアが多く販売されていますが、妊娠中しか着られない服にお金をかけるのはどうしてももったいないという意識が働く方が多いようです。

しかし、妊娠中は母親学級、検診などで省略できない外出が増えますので、やはりマタニティウェアはあったほうがいいでしょう。そこで、授乳服としても着られるマタニティウェアを選ぶと長く着ることができます。

子どもによっては卒乳まで何年もかかる場合がありますし、授乳は外出時でも待ったなしです。
お出かけもできる授乳もできる便利なマタニティは長く使えてとても便利ですよ。




コラム一覧へ戻る